年譜

西暦
和暦
年齢(数え)
金剛寺と応挙
事項と作品
1289年 元文3年   仏国国師開山  
1701年 元禄14年   第2世心巖和尚寂  
      第3世徳雲和尚寂、第4世玉堂和尚入寺  
1733年 享保18年 応挙1歳 5月1日、地元穴太の農業を営む父丸山藤左衛門と母(篠山藩士上田氏女との説あり)の次男として生まれる。幼名岩次郎。この前年は、害虫の大発生による大飢饉により、西国で餓死者一万二千人に及ぶ苦しい時代  
1738年 元文3年 〃6歳 玉堂和尚により本堂庫裏再建  
1740年 元文5年 〃8歳 この頃、金剛寺に小僧として入ったと考えられ、当時の住職玉堂和尚より禅の手ほどきを受ける。禅の基本である既成概念にとらわれず何事も自然体で物事を受け入れることを学んだ応挙は、西洋の遠近法など新しい画法を採り入れ、これまでには無かった斬新な作品を生み出していく。飽くなき探究心、向上心は、応挙の生涯を通じて貫かれる。また、この後良き理解者、協力者と出会い大成していく  
1747年 延享4年 〃15歳 師匠玉堂和尚寂、この後、京都に出るか 岩城という呉服屋に奉公、後に玩具商尾張屋中島勘兵衛の世話になるという
1748年 寛延元年 〃16歳 母没  
1749年 寛延2年 〃17歳   この頃、狩野派の画家石田幽汀の門に入り、本格的に絵の勉強を始める
1756年 宝暦6年 〃24歳 父丸山藤左衛門没。以後何時か、父の年忌法要依頼の書簡が金剛寺に送られる  
1759年 宝暦9年 〃27歳   この頃、眼鏡絵を描くという。「夏雲」「主水」の署名を用いる
1764年 宝暦14年 〃32歳 第11次朝鮮通信使朴徳源来日、仙臾和尚と交流。後、和尚の為に金剛寺山門額「金剛窟」を筆し、日本に送るか  
1765年 明和2年 〃33歳 この頃、小僧時代の想い出を基に玉堂和尚の肖像画を描くか。明和7年「人物正写惣本」(天理大学付属天理図書館蔵)と関連か この頃、円満院門主祐常との親交はじまり、円満院時代始まる。「仙嶺」の使用始まる
1766年 明和3年 〃34歳   この年、「応挙」と改名、「応挙之印」使用開始。息子応瑞誕生
1769年 明和6年 〃37歳 第5世仙峯和尚寂 円満院雪之間の襖絵を描く
1771年 明和8年 〃39歳 金剛寺山門建立 「牡丹孔雀図」(萬野美術館蔵)を描く
1772年 安永元年 〃40歳   この頃から、三井家との関係が始まるか。「大瀑布図」(萬野美術館蔵)を描く
1773年 安永2年 〃41歳   「雲龍図屏風」を描く
1775年 安永4年 〃43歳   「平安人物志」に画家部筆頭に記載、京都四条麩屋町西入町に住む
1776年 安永5年 〃44歳   「雨竹風竹図」(円光寺蔵)を描く
1783年 天明3年 〃51歳   三井家、三井高美の1周期に「水仙図」を手向ける
1786年 天明6年 〃54歳 第6世磐山和尚寂 冬の頃、国宝「雪松図屏風」(三井文庫蔵)を描くか
1788年 天明8年 〃56歳 正月29日、天明の大火に遭い生まれ故郷の穴太に疎開。両親の追善供養と小僧時代の感謝を込め、本堂の襖、壁面に「山水図」「波濤図」「群仙図」を描く。本尊仏を視点とし、本堂の全室をキャンパスと考え、非常に良く計算して描いている。襖を取り除いた時の状況など、小僧時代を過ごした者でなければ到底理解出来ない配慮もあり、大火の疎開で帰ったからということではなく、大成した応挙が「いつか故郷に錦を飾りたい」との想いで、以前から構想を練っていたのではないか。又、平面から立面への拡がりや、ものの本質に迫るなど、応挙自身が新たに試みる大作として全身全霊を傾けて制作した  
1789年 寛政元年 〃57歳   「龍門鯉魚図」(大乗寺蔵)を描く
1790年 寛政2年 〃58歳   御所造営に際し一門を率いて障壁画を制作
1792年 寛政4年 〃60歳   駿河植松家へ「郭子儀図」を描く
1793年 寛政5年 〃61歳   この頃より、老病、眼病により制作に支障をきたす
1794年 寛政6年 〃62歳   金刀比羅宮表書院「瀑布及び山水の間」を描く
1795年 寛政7年 〃63歳 7月17日没す。法名、円誉無三一妙居士 「松に孔雀図」(大乗寺蔵)、絶筆「保津川図」(個人蔵)を描く
1814年 文化11年   第7世仙臾和尚寂  
1858年 安政5年   第8世太嶺和尚寂  
1863年 文久3年   第9世霊巌和尚寂  
1896年 明治29年   第10世物外和尚寂  
1904年 明治37年   明治の佛寺受難期に入り、金剛寺の応挙作品も痛みが酷くなるが、同年「山水図」「波濤図」「群仙図」は、国宝に指定されたことを期に、掛軸に改装され東京の国立博物館に寄託された  
1930年 昭和5年   第11世快愚和尚寂  
1944年 昭和19年   第13世宗友和尚寂(戦死)  
1946年 昭和21年   第12世孝巌和尚寂  
1950年 昭和25年   戦後、文化財の見直しに伴い、「山水図」「波濤図」「群仙図」は、重要文化財に認定変更  
1959年 昭和34年   第1回応挙展開催(全作品を元の位置に展示)  
1983年 昭和58年   第2回応挙展開催(  〃  )  
1995年 平成7年   第3回応挙展「没後200年」開催(  〃  )  
1999年 平成11年   金剛寺新本堂・庫裏完成、落慶式及び第15世承碩和尚晋山式  
2003年 平成15年   第14世譲山和尚寂